WEBLIC LLC

ブログ

WebサイトにおけるUIとUXの違い

Web制作

2024年1月9日

ui ux サイト設計

現代のデジタル時代において、Webサイトは企業の顔とも言える存在です。そのWebサイトの成功は、優れたUI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)に大きく依存しています。この記事では、Webサイトに特化して、UIとUXの違いとその重要性について解説します。

UIについて

WebサイトのUIは、ユーザーがサイトとのやり取り(接点)を行うための具体的な手段です。これには、レイアウト、ボタン、色合い、フォント、画像、動画などの視覚的要素が含まれます。良いWebサイトのUIは清潔で整理されており、ユーザーが求める情報や機能に直感的に辿り着けるように設計されています。例えば、ボタンは明瞭で押しやすく、リンクははっきりと識別できるようにデザインされるべきです。直感的なナビゲーション、読みやすいテキスト、魅力的なビジュアルデザインは、効果的なUIの特徴です。

Webサイトとは関係ないですがATMを例にしてお伝えします。ATMのUIは、老若男女誰でも使いやすく設計されており、複雑なページ遷移を避けることで、特にお年寄りにも使いやすいインターフェースになっています。一方で、一部のユーザーにはより効率的なUIの変更を望まれることもありますが、そのシンプルさが全体的な使いやすさを実現しています。このように、Webサイトでもターゲットユーザーに合わせたUI設計が重要です。

特に現在は、スマートフォンからのアクセスが多いため、クリック領域や文字のサイズに特別な配慮が必要です。モバイルユーザーがストレスなくサイトを操作できるように、タップしやすいボタンのサイズや読みやすいテキストサイズを確保することが重要です。

UXについて

一方で、WebサイトのUX(ユーザーエクスペリエンス)は、訪問者がサイトを使用する際の全体的な体験を指します。これには、サイトの使いやすさ、情報の見つけやすさ、そして、訪問者の感じる印象や反響が含まれます。良いUXは、訪問者がサイトで簡単かつ効率的に目的を達成できることを確実にします。これには、サイトの速度、アクセシビリティ、コンテンツの有用性、インタラクティブな要素の反応性が関係します。

たとえば、ページの読み込みに時間がかかる場合、ローディングインジケーターの使用はUXの重要な側面です。このようなインジケーターは、サイトがまだ応答していることをユーザーに知らせ、待ち時間中の不確実性やイライラを軽減します。実際、ローディングインジケーターは訪問者に対して、進行状況を視覚的に示すことで、待ち時間がどのくらいかかるかの予測を可能にし、これが結果として訪問者の体験を向上させることにつながります。

さらに、ローディングインジケーターのデザイン自体もUXに影響を与えます。クリエイティブでユニークなデザインのインジケーターは、ユーザーの注意を引き、待ち時間のストレスを軽減することができます。例えば、ブランドのロゴを使ったり、ユーモラスなアニメーションを取り入れたりすることで、訪問者の体験をより楽しいものにすることができます。

このように、WebサイトのUXは単に機能的な側面だけでなく、訪問者の感情や待ち時間の認識にも深く関わっています。ローディングインジケーターのような小さな要素が、サイト全体のユーザーエクスペリエンスを大きく左右することがあるのです。

UIとUXの関係性

WebサイトデザインにおけるUI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)は、それぞれ独自の役割を持ちながらも深く相互に関連しています。UIはWebサイトの具体的な見た目と操作性に焦点を当て、UXはその使用を通じてユーザーが感じる全体的な体験と感情に焦点を当てています。この関係性を理解するには、UIがUXの一部分であると考えるとよいでしょう。

具体的には、UIはWebサイトのインタラクティブな要素、レイアウト、ビジュアルデザインなど、ユーザーが直接触れる部分です。これらの要素はユーザーの操作を直接影響し、結果的にUX、つまりサイトを利用する際のユーザーの全体的な感じ方や感情を形作ります。したがって、UIはUXを形成する重要な構成要素の一つと言えます。

例えば、美しいビジュアルデザインや直感的なナビゲーションは、UIの良い実践例ですが、これらがユーザーにポジティブな体験を提供する場合、それは良いUXに直接貢献しています。逆に、ビジュアルが魅力的でも使い勝手が悪ければ、ユーザーの不満を招き、UXを低下させます。

要するに、UIはユーザーがサイトとどのようにやり取りするかを決定します。これが全体的なUXに大きく影響します。良いUIは、使いやすさ、アクセシビリティ、快適さを提供し、最終的には良いUXを実現するための基盤となります。そのため、Webサイトの設計においては、UIとUXの両方に注意を払い、それぞれが相互にどのように影響し合うかを理解することが重要です。

まとめ

この記事では、WebサイトにおけるUI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)の違いと、その相互関係について掘り下げました。UIはユーザーがサイトとやり取りするための具体的な手段を提供し、UXはその使用を通じて生まれる訪問者の全体的な体験を指します。

良いUIは、サイトの使いやすさ、アクセシビリティ、視覚的魅力を高めることで、最終的にはUXを向上させる重要な役割を果たします。逆に、使い勝手が悪いUIは訪問者の不満を引き起こし、UXを低下させる可能性があります。そのため、Webサイトを設計する際には、UIとUXの両方をバランス良く考慮することが不可欠です。

現代のデジタル時代では、特にスマートフォンからのアクセスが増えていることを鑑み、モバイルファーストのアプローチが重要になっています。これは、モバイルユーザーの操作性や読みやすさを最優先に考慮することを意味します。

最終的に、優れたUIとUXの設計は、訪問者がWebサイトを快適に利用し、所望のアクションを取る確率を高めることにつながります。この重要性を理解し、効果的なWebサイト設計においてこれらの原則を積極的に活用していくことが求められます。

関連記事

Web制作

WordPressがSEOに強いって言われるけどホントなの?

WordPressはSEO(検索エンジン最適化)に強いと言われますが、本当に強いのか疑問に思いません...

2023年10月10日

Web制作

重複コンテンツがSEOに与える影響は?

インターネットの世界では、同じ情報がたくさんあると、どの情報が一番大切かわからなくなることがあります...

2024年2月9日

Web制作

Sass mixinの引数に0を指定する方法

背景画像をカラムごとに違う画像を配置するため、mixinを使って設定しましたが、うまくいきませんでし...

2016年12月12日

Web制作

iPhoneでTwitterのウィジェットがはみ出る…

こんにちは、丹羽です。WEBLICでは様々なお客さんのサイト運用をお手伝いしています。先日弊社がお手...

2016年10月11日

Web制作

コーディングを効率化するEmmetはすごく便利!

10数年前からコーディングに携わっていたボクは、ずっとDreamweaverを愛用していましたが、こ...

2016年11月4日

  • カテゴリー

  • RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社