WEBLIC LLC

ブログ

Dreamweaver CC2017を試してみる

Web制作

2016年11月14日

DreamweaverCC2017

先日アップデートされたAdobe Dreamweaver CC2017を試してみました。

まず見違えるように変わったのは起動の速さ!
前バージョンまでたと、サイト管理しているファイルを開くのに、ファイル数が多いサイト(1万ファイル程度)で2〜3分程かかっていたのが、CC2017は数秒で開くことができる。
これだけでもDreamweaverに戻る価値あり!

あとは、先日紹介した『コーディングを効率化するEmmetはすごく便利!』のEmmetの機能と、Sassに対応した点があります。
Emmetの機能はすごくいいと思うけど、Sassは今まで通り、ターミナルから起動でいいかな。

あと、リアルタイムプレビューの機能が追加されました。
こちらの機能はプラウザをリロードしなくてもリアルタイムに変更・追加した内容が反映されます。

この機能ではブラウザのURLが
http://127.0.0.1:51630/preview/app/index.html
に固定さていて、ページ遷移をファイル名で確認出来ないのがツライ。。。

ちょっと残念だったところは、ファイルをドラッグ&ドロップ出来ないくなった点です。
意外と便利だったのに。

最後に、すべての機能を試したわけではありませんが、数時間触ってみて、今回のアップデートはかなりいいんじゃないかな。

関連記事

Web制作

メイリオフォントはCSSでイタリックが効かない!

先日ある案件でデバイスフォントを斜体にする必要がありました。普段は何も気にせずCSSでイタリックを設...

2017年4月3日

Web制作

アイコンを軽量化して、Webサイトの表示速度を速くする

Googleの調査によれば、ページの読み込み時間が1秒から3秒に増加すると、離脱率が32%増加すると...

2023年9月7日

Web制作

Sass mixinの引数に0を指定する方法

背景画像をカラムごとに違う画像を配置するため、mixinを使って設定しましたが、うまくいきませんでし...

2016年12月12日

Web制作

WordPressでWebPを導入してページスピードを向上させる方法

ページスピードインサイトのスコアがなかなか上がらず、悩んでいる方へ。表示速度が速くなることは、単にス...

2024年7月16日

Web制作

オリジナアイコンを簡単にWEBフォントにする方法

ここ数年スマホからのアクセスの割合がPCを超えているサイトが多くなっています。そこで、スマホサイトを...

2016年10月19日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社