WEBLIC LLC

ブログ

ThreadsとMastodonを連携

WEB動向考察

2024年5月16日

分散型SNS

少し前のことですが、日本時間2024年3月22日にThreadsがFediverse(フェディバース)と連携できるようになりました。これによりThreadsのユーザーは、Mastodonを含むさまざまなフェディバースプラットフォームとの間で自由にコンテンツを共有できるようになりました。この記事では、実際にMastodonでThreadsの投稿を表示させてみて、どのような機能が現状利用できるか確認し、今後どのように展開していくのかを考察します。

Mastodonでのフォローでつまずいた

まずはじめに、ThreadsでFediverseを有効にする方法は他のブログで紹介されていますので、ここでは割愛します(「Threads Fediverse」で検索してみてください)。

Mastodonはオープンソースのプラットフォームで、世界中に多数のMastodonインスタンスが存在します。私は以前から日本向けのmstdn.jpを利用していました。最初につまずいたのは、mstdn.jpでThreadsのアカウントを検索しても一切ヒットしなかったことです。Fediverseを有効にしたばかりだったので、数日間待ってから再検索しましたが、結果は同じでした。

mstdn.jpでの検索結果

その後、Mastodonの主要なサーバーであるmastodon.socialで試してみると、すぐにアカウントが見つかりました。なぜこの違いがあるのかは明確ではありませんが、MastodonでThreadsをフォローする際は、まずmastodon.socialの使用をお勧めします。さらに、他のインスタンスでも試す際には、それぞれのインスタンスがどのようにデータを同期しているかを理解することが役立つかもしれません。

mastodon.socialでの検索結果

mastodon.socialでのフォローが完了したので次は、なにが反映されるのかチェックしていきます。

Threads、Mastodon連携で反映される機能

MastodonでThreadsをフォロー後、試しに新しい投稿をThreadsで行ってみました。しかし、投稿後すぐにMastodonで確認しても表示されず、約5分後にやっとタイムライン上に現れました。この遅延は、フェディバース間のデータ同期における時間差が原因かもしれません。

MastodonにThreadsの投稿が表示されている

次にMastodon側でThreadsの投稿に対して『いいね』のボタンをクリック。下の画像の赤枠の星マークです。

『いいね』の通知は即座に私のiPhoneに届きました。

iPhoneの通知画面

次にThreadsのアプリでどのように表示されるか確認すると、ハートアイコン横に通常だと数字が入るんですが、なんの反応もありません。

Threads内での『いいね』であればハートの横に数字が入ります。

ただ、通知は届いているのでどこにその結果が反映されているか調べてみると、Threadsの画面最下部のナビゲーションのハートマークをタップした先のページにありました。

この画面をみると誰が『いいね』をタップしたのか不明です。

あと、Mastodon側でThreadsの投稿に対してリポストやコメントしましたがThreads側ではなにも表示されません。

まとめ

ThreadsとMastodonの連携は、ソーシャルメディアの未来にとって大きな一歩だと感じます。まだベータ版であり、完全ではないものの、Metaが中央集権から分散型のプラットフォームへと移行を図ることの重要性を示しています。長年、ソーシャルメディアの世界は大手企業によって支配されてきましたが、Fediverseとの連携により、よりオープンで透明性の高いネットワークが期待されます。

今後、Threadsだけでなく、他のプラットフォームもこの分散化の流れに加わることで、インターネットは更に豊かで多様なものになっていくはずです。

関連記事

WEB動向考察

CtoB時代は来ない気がする。。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。早速ですが、本日の日経新聞に「迫りくる...

2017年1月4日

WEB動向考察

bitcoinの疑問点。。

WiredのVOL.25特集「ブロックチェーン」特集の経済学者の岩井さんの記事が興味深かった。。細か...

2016年10月15日

WEB動向考察

google Maps有料化の影響について

googleより、WEBサイトにgoogle Mapsを利用している場合、googleの指定する利用...

2018年8月8日

WEB動向考察

Web3.0とweb3の違い

こんにちわ。WEBLICの坂本です。最近のweb3の重要な議論の中で、Web3.0とweb3の違いと...

2023年5月5日

WEB動向考察

2024年、脱メディアクエリのレスポンシブサイトが増えると予想

当たり前のようにWebサイトをレスポンシブ化する際に、メディアクエリを使ってきましたが、2024年は...

2024年1月5日

  • カテゴリー

  • 本日、 12人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社