WEBLIC LLC

ブログ

Spatial!ブラウザでアクセス可能なメタバース

WEB動向考察

2024年5月7日

Spatial メタバース

メタバースと聞いて何を思いつきますか?VRゴーグル、ゲーム、ARなどが真っ先に思いつくかと思います。実際、アップルが米国で高性能なVRゴーグル「Studio PRO」を発売したばかりです。しかし、「Studio PRO」は高価ですし、VRゴーグル自体、長時間の使用には不便さや疲労感が伴います。

そこで弊社のメタバース構築サービスではブラウザ動作をベースとしたHubs Community Editionを採用しています。ただし、HubsはMozillaからコミュニティ主導へと運営母体が移行したことで、別のプラットフォームを模索する必要がありました。もちろんブラウザで動くメタバースが絶対条件です。それでSpatialがブラウザベースで動くメタバースっぽいので今回はSpatialの紹介と、Hubsとの比較を解説します。

Spatialとは

Spatialのサイト

Spatialは、ユーザーが簡単にバーチャル空間を作成し、世界中の人々とコミュニケーションを取ることができるプラットフォームです。このプラットフォームはブラウザベースで動作し、特別なハードウェアを必要とせずにアクセス可能です。この手軽さが、社会的ゲーミングやコミュニティの形成において大きな利点となっています。

https://www.spatial.io

HubsとSpatialの比較

HubsとSpatialの大きな違いとしてはHubsはオープンソースで自社のサーバーにインストールして運用できるのに対し、SpatialはSpatialのプラットフォーム上でしか動作しないという点です。その他にも以下の違いがあります。

アカウントの有無

  • Hubs: アカウントの作成は不要(マジックリングでログイン)
  • Spatial: アカウントは不要。ただしログインしないとチャットやマイク機能が使用できません。

画面共有

  • Hubs: 画面共有およびカメラ使用が可能。
  • Spatial: 画面共有のみ可能。

動作環境

  • Hubs: PCおよびスマートフォンでブラウザからアクセス可能です。
  • Spatial: PCはブラウザからアクセス可能、スマートフォンは専用アプリのインストールが必要。

オープンソース

  • Hubs: オープンソース。自社サーバーにインストール可能。
  • Spatial: Spatialのプラットフォーム内のみで利用可能。

HubsのシーンをSpatialで使ってみる

hubs用に作られたシーン(部屋)を無加工でそのままSpatialに読み込ませることができるか試してみました。

無加工のシーン
Hubsの画面

上記2枚の写真を見比べてみると、サイズ感が若干違うのと、入り口付近、ドームの裏側のテクスチャが正しく再現されていません。結果として8割程度の再現となります。やはり共通のファイルを使い回すことはできませんでした。

ただし、Hubs用に作ったシーンを少し調整することによってSpatialでも問題なく実装可能です。下の写真はSpatial用に調整したシーン。HubsもSpatialもブラウザベースで動かすため、ファイルサイズなどの制限が厳しいですが、SpatialではHubsに比べて光や反射がよりリッチに表現できます。

Spatial用に調整したデータ

今回はSpatialを軽く触ってみた感想と、Hubsとの比較をお伝えしました。
最後に弊社ではHubsを利用したメタバース空間の構築や今後、Spatialを使ったメタバース構築のサービスもリリース予定です。メタバース空間の構築をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

WEB動向考察

メタバース空間は企業のコミュニティーツールに定着するのか?

メタバースは、アバターを介した仮想世界での体験を提供するテクノロジーであり、ゲーム、教育、ビジネス会...

2023年11月20日

WEB動向考察, 運用

googleアナリティクスのサイトが見当たらない方へ

UAの既存データはすべてなくなるだいぶ前からアナウンスはされていたとは言え、今までの長い時間蓄積した...

2023年8月21日

WEB動向考察

CtoB時代は来ない気がする。。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。早速ですが、本日の日経新聞に「迫りくる...

2017年1月4日

WEB動向考察

bitcoinの疑問点。。

WiredのVOL.25特集「ブロックチェーン」特集の経済学者の岩井さんの記事が興味深かった。。細か...

2016年10月15日

WEB動向考察

2024年、脱メディアクエリのレスポンシブサイトが増えると予想

当たり前のようにWebサイトをレスポンシブ化する際に、メディアクエリを使ってきましたが、2024年は...

2024年1月5日

  • カテゴリー

  • 本日、 5人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社