WEBLIC LLC

ブログ

Mozilla HubsをCommunity Editionに移行

開発

2024年4月22日

mozilla hubs メタバース

以前のブログ記事『Hubs cloud AWSを削除する方法』にて情報共有しておりますが、AWS Marketplaceの「 Hubs Cloud Personal」は2024年3月31日までのサポートとなっており、弊社が運用しているANOTHER ROOMのHubsをCommunity Editionに移行しましたでの、Community Editionへ移行する際の注意点をお伝えします。

構成について

マーケットプレイス版のHubsはAWS内で完結されます。最初はマーケットプレイス版同様、AWS内で完結したかったですが、まだまだCommunity Editionのドキュメントが充実してないので、その中でも構築方法がわかりやすかった、Google Cloud Platform(以後GCP)を使って構築。

メイン・・・GCP
DNS・・・AWS(Route53)
メール・・・AWS(SES)

Community Editionは費用がかかる

マーケットプレイス版は1つのインスタンスを使っていましたが、Community Edition版はデフォルトでは3つのインスタンスで構成されているため、メタバース空間にアクセスしなくても1日ただ起動している状態で、約20ドル近くかかります。

いままで運用していたマーケットプレイス版は約75ドル/月だったので、かなりの増額になります。

Community Editionの費用を抑える方法

マーケットプレイス版を利用していたANOTHER ROOMのメタバース空間はデモなので一度に多くのアクセスを想定してないため、スペックを落とすことで費用を抑えることに。

具体的には、インスタンスを1台構成にし、ファイルサーバーとして利用しているインスタンスをメインのインスタンスに含めることにしました。これによって、1日あたり20ドルだったものが、1/4程度まで抑えることができました。

HubsのCommunity Editionの構築でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

開発

WordPressプラグインの落とし穴5選

弊社の案件でも使用しているオープンソースのCMSであるWordPressには数多くのプラグインが存在...

2023年8月20日

開発

【簡単】WordPressでテスト環境を作る方法

WordPressはサーバー上で動いているシステムのため簡単にテスト環境を構築することは難しいです。...

2023年10月4日

開発

WordPressをローカル環境で動かす方法

WordPressを自分のPC上で試してみたいけれど、コードの知識がない、サーバーのことがよくわから...

2023年8月22日

開発

Hubs cloud AWSを削除する方法

Mozillaは2024年1月1日よりAWS Marketplaceの「 Hubs&nbs...

2024年1月15日

開発

Sassコーディングのスピードアップを目指す

開発効率とメンテナンス性のよさを考えてSassの導入を検討中。まずは自社サイトのCSSをSass(s...

2013年6月8日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社