WEBLIC LLC

ブログ

Googleが重要視しないSEO対策

運用

2024年3月1日

google seo

SEOの世界は絶えず変化しており、昨日までの最適解が今日では非効率的になることも珍しくありません。Googleのアルゴリズムは進化し続けており、かつて重宝された多くのSEO対策が今や過去の遺物となっています。この記事では、Googleが重要視しないSEO対策について説明します。あなたのSEO対策が時代遅れになっていないか、今すぐ確認してみましょう。

今回の記事はGoogleの『SEOスターターガイド』を基に説明しています。
https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/seo-starter-guide?hl=ja

メタ キーワード

かつてGoogle検索エンジンでは、メタキーワードが主要なランキング要因の一つとみなされていました。この時代、メタキーワードはSEO戦略の核心部分であり、ウェブサイト運営者はより多くのトラフィックを引き寄せるために、ページに関連性の薄いキーワードを大量に盛り込むことが一般的でした。この過剰なキーワード詰め込みは、検索結果を不正に操作しようとするSEOスパムの一形態として広がり、最終的には問題となりました。

GoogleがSEOスパムを取り締まるための対策を強化するにつれて、メタキーワードの重要性は大幅に減少しました。今日では、メタキーワードはGoogleの検索ランキングにおいてほとんど、または全く影響を与えないと考えられています。この変化は、より質の高い検索結果を提供し、ウェブ上の内容の質を向上させるためのGoogleの取り組みを反映しています。

キーワードの乱用

ウェブページのコンテンツで同じキーワードを何度も繰り返すことは、一見して検索エンジンのランキングを向上させる方法のように思えるかもしれません。しかし、このようなキーワードの過剰な使用は、実際には逆効果です。たとえ微妙なバリエーションを加えたとしても、ユーザーにとっては内容が退屈かつ反復的に感じられ、結果としてサイトの価値を下げることにつながります。ユーザーがページの内容に飽きてしまうと、サイトから離れる可能性が高くなり、それはサイトのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

さらに重要なことは、この種のキーワードの乱用がGoogleのスパムポリシーに違反する可能性があるという点です。Googleは、ウェブ上の情報がユーザーにとって有益で関連性が高く、自然な形で提供されることを重視しています。そのため、コンテンツ内でキーワードを不自然に繰り返すと、そのページはスパムとみなされ、検索結果でのランキングが低下する可能性があります。最悪の場合、ウェブサイトが検索結果から完全に除外されることもあり得ます。

結局のところ、キーワードは適切に使用すべきであり、コンテンツの自然な流れに沿って、読者に価値を提供する形で組み込むことが肝心です。このバランスを保つことで、Googleもユーザーも満足させることができます。

ドメイン名や URL パスの中のキーワード

SEOランキングにはほとんど影響を与えないため、ドメイン名やURLパスにキーワードを含めることに重点を置くよりも、ビジネスに最適なドメイン名を選びましょう。トップレベルドメイン(TLD)は、特定の地域向けのサイトでその地域のTLD(例:.jp)を使用する場合に役立つことがありますが、一般的にはSEOに大きな影響を及ぼすものではありません。Googleの検索ランキングでは、ドメイン名やURLパス内のキーワードは重要視されていません。

コンテンツの最小長と最大長

ウェブコンテンツの長さがSEOに及ぼす影響はよく議論されるテーマです。多くの場合、長いコンテンツはより多くの情報を提供し、それによって検索エンジンからの評価が高まると考えられています。しかし、実際には、単純にコンテンツを長くするだけでは、検索結果での上位表示が保証されるわけではありません。

本当に重要なのは、コンテンツが読者にとってどれだけ価値があり、関連性があるかです。Googleは、ユーザーにとって有益かつ関連性の高い情報を提供するコンテンツを評価します。ですから、文字数を人為的に増やすことに集中するのではなく、コンテンツの質を高めることが重要です。適切な情報を提供するために必要なだけの長さであれば、特定の文字数を目指す必要は全くありません。

結局のところ、最適なコンテンツの長さは、伝えたい内容や扱っているトピックによって左右されます。無理に文字数を増やすのではなく、メッセージが伝わり、読者に価値を提供するコンテンツを作成することが最も重要です。

サブドメインかサブディレクトリか

サブドメインとサブディレクトリの選択は、SEOのランキングに直接的な大きな影響を与えるものではありません。重要なのは、ビジネス目標やサイトの構造に最も適した選択をすることです。サブディレクトリはウェブサイトの管理をシンプルにし、コンテンツの整理に役立ちます。一方サブドメインはサイトの独立したセクションを明確に区分するのに有効です。SEOの観点からは、コンテンツの質とユーザー体験がより重要です。適切な選択は、ビジネスのニーズとウェブサイトの目的に基づいて検討するべきです。

PageRank

PageRankは、かつてGoogleの検索エンジンアルゴリズムにおいて中心的な役割を果たしていました。このアルゴリズムは、ウェブページが受けるリンクの数と質を分析し、それに基づいてページの重要性を評価していました。質の高い多数のリンクを受けたページは、重要と見なされ、検索結果でのランキングが向上しました。

しかし、Googleのアルゴリズムは時間とともに進化し、PageRankの相対的な重要性は減少しました。現在、GoogleはPageRankのみならず、200以上の様々な要素を組み合わせてページのランキングを決定しています。これらの要素には、コンテンツの質、サイトの信頼性、ユーザー体験、そしてモバイルフレンドリネスなどが含まれており、これら全てが総合的にページの価値を決定しています。このようにGoogleのアルゴリズムが多元化したため、PageRankの単独の指標としての重要性は低下したのです。

重複コンテンツは「ペナルティ」になる

Googleは通常、サイト内の重複コンテンツに対してペナルティを科すことはありませんが、ユーザーにとって最良の結果を提供するためにこれを効率的に処理します。しかし、意図的に他者のコンテンツをコピーしたり、同一内容を複数のURLに配信したりする行為は、ユーザーの検索体験を損ねるため、ペナルティの対象となる可能性があります。

重複コンテンツは避けられないことがありますが、適切な管理は可能です。オリジナルコンテンツの作成、カノニカルタグの適切な使用、またはリダイレクトの設定など、効果的な対策を施すことで、重複コンテンツに関連する問題を解決できます。

見出しの数や順序

Googleにおいて、見出しの数や順序は検索結果に直接的な影響を与えません。ウェブページを解析する際、GoogleはHTMLの厳密な構造を超えて、コンテンツの全体的な意味内容を評価します。そのため、見出しを完全に順序通りに配置していなくても、ページのランキングには影響しません。

スクリーンリーダーのようなアクセシビリティツールにとっては、見出しを意味的な順序で配置することが重要ですが、Google検索はページの内容理解において、より広範な分析を行います。また、ページに「理想的」な見出しの数が定められているわけではなく、重要なのはコンテンツが適切に整理され、理解しやすい形で提示されているかどうかです。

E-E-A-T をランキング要因と考える

E-E-A-Tは、経験(Experience)、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)を表す用語で、Googleがウェブページの品質を評価する際の重要な指標です。しかし、E-E-A-Tが直接的なランキング要因ではないことを理解することが重要です。つまり、E-E-A-Tスコアが高いからといって、必ずしも検索結果で上位に表示されるわけではありません。

例として、料理のレシピサイトを考えてみましょう。

サイトが専門的、権威的、信頼性が高い場合、E-E-A-Tの観点からは高い評価を受けるかもしれません。しかし、実際の検索ランキングは、レシピの明瞭さ、コンテンツの使いやすさ、ユーザーからのポジティブなフィードバックなど、他の多くの要素によっても影響されます。

従って、E-E-A-Tはウェブサイトの信頼性と品質の高さを示す一つの指標であると理解し、検索結果のランキングを改善するためには、サイト全体のユーザー体験やコンテンツの質を向上させることが不可欠です。

関連記事

運用

メールが受信出来ないを解決!Fail2Banが原因かも!?

時折、弊社のお客様からメールの送受信ができないというお問い合わせをいただきます。多くの場合、メールソ...

2024年7月18日

運用

Google検索においてサイト名を表示する方法

Google検索をした際に、そのページのサイト名が表示されることがあります。これを”サイト名”とGo...

2024年2月19日

運用

無料SSLと有料SSLの違いとは?

インターネット上での安全は、ウェブサイトの運営において最も重要な要素の一つです。特に、SSL(Sec...

2023年11月22日

運用

Webサイト更新はなぜ必要?その理由を4つ紹介!

Webサイトを実店舗と置き換えてみれば、定期的な更新は店舗の掃除や商品の入れ替えに等しいものです。集...

2023年11月2日

運用

読者を引き付けるための、魅力的なブログタイトルをどのように考え出すか?

ブログのタイトルは、人を引きつけるスタート地点です。魅力的なタイトルは、人々の興味を引き、記事を読ん...

2024年2月7日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社