WEBLIC LLC

ブログ

WordPressのバージョン情報を非表示にする方法

運用

2023年9月21日

WordPress

少し前のブログで「Web担当者におすすめ!Google拡張機能9選!」で紹介したWappalyzerですが、このプラグインを使うと、今見ているサイトがどんなCMS、プログラミング言語、フレームワーク、データベースなど、どのような構成になっているのか簡単に調べることができます。

また使っているCMSのバージョンもわかるため、仮に古いバージョンのCMSを使っている場合、悪意のあるユーザーがWappalyzerでバージョンを確認し攻撃する可能性もゼロではありません。

そのリスクを減らすためWordPressのバージョン情報は非表示しておくことがベストです。

WordPressのバージョンを非表示にする方法

以下のコードをfunctions.phpに記述することでWordPressのバージョンを表示にすることができます。

// ヘッダー部分からWordPressのバージョン情報を削除
remove_action('wp_head', 'wp_generator');

// RSSフィードからWordPressのバージョン情報を削除
add_filter('the_generator', '__return_empty_string');

// スクリプトとスタイルシートのURLからバージョンパラメータを削除
function remove_version_scripts_styles($src) {
    if (strpos($src, 'ver=')) {
        $src = remove_query_arg('ver', $src);
    }
    return $src;
}
add_filter('style_loader_src', 'remove_version_scripts_styles', 9999);
add_filter('script_loader_src', 'remove_version_scripts_styles', 9999);

WordPressではヘッダーやRSSフィード、script、スタイルシートにバージョン情報が記載されているのでその部分をfunctions.phpを使って非表示することができます。

コードを追加する前の表示結果

上記の画像のようにコードを適応していない場合はWordPressの右にバージョンが表示されています。コード追加後は下の画像です。WordPressの右に書かれていたバージョンが消えてますね。

コード適応後

funciotns.phpにコードを適応後はこのようにバージョン情報が非表示になります。

WordPressのバージョンは常に最新にすべき

WordPressのシェア率は全Webサイトの40%以上と言われています。シェア率が高いため悪意のあるハッカーにとって絶好のターゲットです。一つのセキュリティーの脆弱性を付くことによって多くのWebサイトに影響を与えることがでるので。

そのためセキュリティーの面からWordPressは常に最新の状態にしておく必要があります。弊社で運用管理しているWordPressの場合、WordPressのアップデートの度に動作検証を行い、常に最新の状態にしております。

一般的に検証作業はかなり面倒な作業になります。その理由は複数のプラグインを使用しており最新バージョンのWordPressとの互換性の確認に時間がかかったり、複雑なスクラッチでのコードを追加している場合などが考えられます。

弊社では「WordPressプラグインの落とし穴5選」こちらの記事でもお伝えしましたが、セキュリティーの確保を第一と捉え、使用するプラグインの数を限定し、厳選して導入しています。

また、なるべくWordPressが提供しているロジックのみでコンテンツを構築できないか日々検証しております。

関連記事

運用

Googleが新しいスパムポリシーを発表!

Googleは2024年3月5日に最新のコアアップデートを発表し、それと同時に新しいスパムポリシーに...

2024年3月6日

運用

Googleの2023年9月のヘルプフルコンテンツアップデートによる影響は!?

Googleは9月15日にX(旧ツイッター)でヘルプフルコンテンツのアップデートを行ったとアナウンス...

2023年9月20日

運用

hタグの重要性

多くのサイトがブログ記事(オウンドメディア)を運用して自社サイトへのアクセス数を増やそうと努力してい...

2023年12月12日

WEB動向考察, 運用

googleアナリティクスのサイトが見当たらない方へ

UAの既存データはすべてなくなるだいぶ前からアナウンスはされていたとは言え、今までの長い時間蓄積した...

2023年8月21日

運用

Search Consoleで「クロール済み – インデックス未登録」を解決する方法

Webサイトを運用する際、日々サーチコンソールやGoogleアナリティクスを活用する機会が多くありま...

2023年12月26日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社