WEBLIC LLC

ブログ

効果の高いGoogleアドセンス広告ユニットはこれだ!

運用

2024年2月29日

google アドセンス

Googleアドセンスはウェブサイトやブログに広告を掲載し、収益を得るためのツールの1つです。適切な広告ユニットを選択し、配置することは、収益化の機会を最大限に引き出す上で非常に重要です。この記事では、Google アドセンスで効果的な広告ユニットはなんなのかを、弊社の実績からお伝えします。

Googleアドセンスの広告の種類

Googleアドセンスでは大きく分けて、手動広告と自動広告の2つがあります。

手動広告

手動広告は広告のサイズ、形式、位置を自ら決定します。これにより、ウェブサイトのデザインやコンテンツの流れに最適な広告を配置することができ、サイトのユーザー体験を損なうことなく収益化を図ることが可能です。手動広告はカスタマイズ性が高く、特定のページや特定のユーザーに合わせた戦略を練る際に有効です。

手動広告には4つのユニットがあります。

  • ディスプレイ広告
  • インフィールド広告
  • 記事内広告
  • Multiplex 広告

自動広告

自動広告は、GoogleのAIがあなたのサイトを解析し、最適な場所、サイズ、フォーマットの広告を自動的に表示する技術です。自動広告を利用することで、広告の配置に関する手間を省き、Googleのアルゴリズムに最適な広告展開を委ねます。自動広告は設定が簡単で、特に新しいウェブサイトや小規模なブログで人気があります。

効果的な広告ユニット

では弊社での実績を基に効果があった広告ユニットを発表します。

ちなみに使用したのは以下の広告となります。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 自動広告(全画面広告のみ使用)

この4種類の中で圧倒的に収益が高かったのは自動広告の全画面広告になります。次に多いのがディスプレイ広告で、インフィード広告と記事内広告は全体の収益の1%未満でした。

ちなみにインフィード広告はいろいろな種類が選べえますが、今回使用したのはテキストのみの広告となります。

インフィード広告のサンプル

次に広告ユニットごとの収益の割合を見てみましょう。

収益の割合

ユニット割合
自動広告(全画面)約64%
ディスプレイ広告約35.5%
インフィード広告0.3%
記事内広告0.2%

この結果から広告サイズが大きいものがクリックされやすいことがわかりました。

最後に、Googleアドセンス広告を掲載することによって収益を得ることができますが、広告のリンクは同一タブ(ウィンドウ)で開くため広告をクリックしたあとにユーザーはサイトに戻ってこない可能性もあります。このため、じっくり最後まで読んでもらいたい記事の途中に広告を挟むことはおすすめしません。

関連記事

運用

WordPressのバージョン情報を非表示にする方法

少し前のブログで「Web担当者におすすめ!Google拡張機能9選!」で紹介したWappalyzer...

2023年9月21日

運用

ドメイン変更のリスクとリクスを最小限に抑える方法

社名やサービス名の変更などで避けられないドメイン変更の場面がありますね。特に心配なのは、検索エンジン...

2023年12月14日

運用

アイキャッチ画像にテキストを含ませたほうがいい理由

ブログのアイキャッチ画像は、読者から記事をクリックしてもらうための大切な役割があります。では、なぜア...

2023年12月1日

運用

GoogleアナリティクスGA4でUAの行動フローを確認する方法

Googleアナリティクス(GA)は、ウェブサイトのトラフィックやユーザー行動を分析するための強力な...

2023年12月11日

運用

無料SSLと有料SSLの違いとは?

インターネット上での安全は、ウェブサイトの運営において最も重要な要素の一つです。特に、SSL(Sec...

2023年11月22日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社