WEBLIC LLC

ブログ

Google検索においてサイト名を表示する方法

運用

2024年2月19日

google 構造化データ

Google検索をした際に、そのページのサイト名が表示されることがあります。これを”サイト名”とGoogleでは読んでおり、この”サイト名”を指定することができます。今回はそのサイト名の指定方法をお伝えします。

詳しくはGoogle検索セントラルに掲載されていますので、気になる方はそちらのページも併せてみるとよいでしょう。
https://developers.google.com/search/docs/appearance/site-names?hl=ja

サイト名とは

Google検索した際に、以下の画像のように、ファビコンの横に表示される文字列になります。

サイト名が表示される仕組み

まずはじめに、Google検索に表示されるサイト名は、以下の3つの要素から優先順位をつけて決定されます。

  1. 構造化データの「name」プロパティ
  2. <title>タグ
  3. <h1>タグ

構造化データで「name」プロパティを指定している場合は、それが優先的にサイト名として表示されます。構造化データが設定されていない場合は、<title>タグの内容や<h1>タグの内容からサイト名を生成します。

では構造化データはどこにどう書けばいいか次の章で説明します。

構造化データの書き方

<html>
  <head>
    <title>Example: A Site about Examples</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context" : "https://schema.org",
      "@type" : "WebSite",
      "name" : "Example",
      "url" : "https://example.com/"
    }
  </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

上記の内容をTOPページに記載します。

変更点は”name”と”url”になります。

上記の説明の通りサイトに実装しても、必ず採用されるとは限りません。当サイトのTOPページに”name”を「WEBLIC LLC」と指定してますが、検索結果に反映されず、ドメイン名が表示されます。

構造化データを指定すると検索順位に有利なのか?

構造化データでnameを設定してGoogle検索にサイト名を表示させること自体は、直接的に検索順位を上げる効果はありません。

しかし、サイト名が表示されることで、以下のような効果が得られる可能性があります。

  • クリック率の向上:サイト名が表示されることで、ユーザーがサイトの内容を理解しやすくなり、クリックする可能性が高まる
  • ブランド認知度の向上:サイト名が検索結果に表示されることで、ユーザーの目に触れる機会が増え、ブランド認知度が向上する

これらの効果により、ユーザーのサイトへの訪問が増え、滞在時間も長くなることが期待できます。

ads

関連記事

運用

GA4で(not set)が異常に多い場合の対処法

GoogleのアナリティクスGA4を見ていて(not set)が異常に多いことはないでしょうか?今回...

2023年9月19日

運用

無料で使えるWEBサイトアクセス解析ツール4選!

Webサイト運営にとって、公開後のアクセス解析は欠かせません。訪問者数や人気ページといったデータを収...

2023年11月24日

運用

Webサイト更新はなぜ必要?その理由を4つ紹介!

Webサイトを実店舗と置き換えてみれば、定期的な更新は店舗の掃除や商品の入れ替えに等しいものです。集...

2023年11月2日

運用

【運用案件】Googleマップの評価とクチコミをサイトに掲載

弊社WEBLICではWEBサイトの制作から運用までWEBに関することを幅広く対応させていただいており...

2023年7月6日

運用

ホームページ運用のコストっていくら? サイト管理に必要な費用を解説

こんにちは。今回のテーマは、ホームページのランニングコスト、つまり運用費についての詳しい解説をします...

2023年8月2日

  • ads

  • カテゴリー

  • RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog

    ads

    Designed by WEBLIC合同会社