Blog気になるコト

2013年5月23日 木曜日 投稿者:丹羽 岳人

Firefox OSのセミナーを受けて

少し前のことになりますが、株式会社リックテレコム主催のスマホ向け第3のOS「Firefox OS」の勃興に備えるのセミナーを受けて来ました。
Firefox OSとはWEB(html5, css, js)でアプリケーションが開発できるオープンソースのモバイルOSこと。

共感できることはMozillaが目指すWEB標準によるオープンなプラットフォームを作ろうとしているところ。
WEB制作会社にとって今持っている財産を使ってのアプリ開発、OSのUI開発できる部分はいいんじゃないだろうか。Firefox OSでは3つのレイヤー
・Gaia(ユーザーインターフェース部分など)
・Gecko(レイアウトエンジン)
・Gonk(Linuxカーネル)
からできており、Gaiaの階層は全てHTMLで書かれているためHOME画面のUIをプログラマーじゃなくても、Webデザイナーが変更することもできる。この話を聞くだけでもワクワクしてくる!!

すべての面においてFirefox OSが優れているわけではない。
デメリット
・ネイティブと比べると内容によっては速度が遅い。(今後改善されるみたい)
・WEB APIが不完全感が否めない。(増えるみたい)

最後にiOS, Andoridが同じようにWebオープンなプラットフォームに移行するかどうかはわからないが、Firefox OSがiOS、Androidの牙城を崩してくれることに期待したい。

またこのFirefox OSはスペックの低いディバイスに載せてもある程度動きが快適らしい。まずは新興国では比較的シェアを獲得できるのかも!?

より詳しくはMozilla Japanの浅井智也さんのスライドを。