WEBLIC LLC

ブログ

さくらのレンタルサーバでWordPressのサイトをSSL化でつまずいたところ

Web制作

2017年2月13日

今回新規でさくらのレンタルサーバ(スタンダード)+ラピッドの独自SSL(SNI SSL)を使ってWordPressでサイトを構築しました。
まず、ドメインに対してのSSL化は問題無く実装できましたが、問題が発生したのはWordPressをインストール後でした。

その問題というのが、TOPページは問題無行くSSL化できましたが、固定ページカスタム投稿ページなどTOP以外のページが全て「SSL Mixed Content Error」でうまく表示できませんでした。。。

ちなみにWordPressの管理画面、テーマの中のファイルすべてにおいて、http→httpsに書き換え済みです。

いろいろ調べて見るとどうやらさくらのサーバの仕様らしい。

参考

WordpressをHTTPSで運用する場合、通常は(VPSや専用サーバ等では)WP_HOMEおよびWP_SITEURLの値をデータベースまたはwp-config.phpいずれの変更だけでHTTPSでのサイト公開が行えますが、さくらのレンタルサーバにおいてはこの設定だけでは「https→httpに勝手にリダイレクトされる」問題が生じます。

原因は前述の通りとなりますが、これに対処するため.htaccessとwp-config.phpに対する設定変更が必要となります。詳細は下記の通りとなります。

http://qiita.com/tabimoba/items/64ef60412abe7ad6f0ac

上記のサイトの設定を試したところ無事全てのページにおていSSL化することができました。

関連記事

Web制作

静的HTMLとWordPressどちらがあなたのビジネスに適しているか?

Webサイトは、ビジネスの成功において重要な役割を果たします。しかし、Webサイトの構築方法には様々...

2023年9月29日

Web制作

WordPressがSEOに強いって言われるけどホントなの?

WordPressはSEO(検索エンジン最適化)に強いと言われますが、本当に強いのか疑問に思いません...

2023年10月10日

Web制作

Dreamweaver CC2017を試してみる

先日アップデートされたAdobe Dreamweaver CC2017を試してみました。まず見違える...

2016年11月14日

Web制作

iPhoneでTwitterのウィジェットがはみ出る…

こんにちは、丹羽です。WEBLICでは様々なお客さんのサイト運用をお手伝いしています。先日弊社がお手...

2016年10月11日

Web制作

子要素にaタグを含む親要素にhover処理をする

現状のCSSではaタグを持つ親要素のdivにスタイルを定義することができません。今回は同じ要素のボッ...

2016年12月14日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社