WEBLIC LLC

ブログ

オリジナアイコンを簡単にWEBフォントにする方法

Web制作

2016年10月19日

ここ数年スマホからのアクセスの割合がPCを超えているサイトが多くなっています。
そこで、スマホサイトを作る上で、なるべくサイトの容量を軽くするために最近ではWEBフォントを使ってアイコンなどを表示するパターンが増えています。

Bootstrapなど最初からWEBフォントを備えたフレームワークはありますが、
デフォルトで沢山のフォントを備えています。
必ずしもすべてのアイコンを使うわけではないし。。。
それに、オリジナルアコンが使いたいって時に、簡単にWEBフォントにする方法をご紹介します。

今回はこちらのWEBサービスを使って紹介します。
IcoMoon
https://icomoon.io/

元となるアイコンデザイン制作

001
まずは、イラストレータにて、元となるアイコンのデザインをします。
この時にアイコンを小さく使う場面も出てくるので、なるべく簡素なデザインにします。

002
デザインが出来たらSVG1.1で保存します。

IcoMoonを使ってWEBフォントファイル作成

003
次にブラウザでIcoMoonにアクセス
https://icomoon.io/

004
Import Iconsから先程作ったsvgファイルをアップします。

005
Generate Fontをクリック

006
Downloadをクリック

実際にHTMLを書いてみる

007
ダウンロードしたファイルをみるとこうなっています。
使用するのはfontsフォルダの中身とstyle.cssになります。

008
ちなみにstyle.cssの中身はこんな感じ

009
htmlはこんな感じで書きます。

010
フォントカラーに赤を指定したのでちゃんとアイコンが赤くなっています。

関連記事

Web制作

子要素にaタグを含む親要素にhover処理をする

現状のCSSではaタグを持つ親要素のdivにスタイルを定義することができません。今回は同じ要素のボッ...

2016年12月14日

Web制作

Webサイト制作にかかる期間や流れを解説

Webサイト制作にかかる期間は内製化するか、外部に発注するかで大きく変わります。今回は外部に発注する...

2023年9月27日

Web制作

Dreamweaver CC2017を試してみる

先日アップデートされたAdobe Dreamweaver CC2017を試してみました。まず見違える...

2016年11月14日

Web制作

WebサイトにおけるUIとUXの違い

現代のデジタル時代において、Webサイトは企業の顔とも言える存在です。そのWebサイトの成功は、優れ...

2024年1月9日

Web制作

コーディングを効率化するEmmetはすごく便利!

10数年前からコーディングに携わっていたボクは、ずっとDreamweaverを愛用していましたが、こ...

2016年11月4日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社