WEBLIC LLC

ブログ

【初心者】GoogleアナリティクスGA4の基本的な使い方

運用

2023年8月28日

ga4 Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのユニバーサルアナリティクス(UA)の廃止から既に2ヶ月が経過しました。

弊社が運用を担当しているサイトに関しては、2022年の時点でGA4への移行作業は完了しています。しかし、皆さんのサイトはどうでしょうか?また、GA4の操作にはもう慣れましたか?

特に、UAとGA4では管理画面のデザインが大きく変わり、まだ慣れていない方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は基本かつ重要な指標であるセッション数、ページビュー数、参照元メディア、滞在時間の調べ方を詳しくお伝えします。

GA4セッション数の確認方法

セッション数とは一定期間内にユーザーがサイトを訪問して離脱するまでが1つのセッションとなります。

1.サイドメニューの「レポート」をクリック。

2.レポートの中にある、「集客」→「トラフィック獲得」をクリック。

3.「トラフィック獲得」をクリックすると右のメイン画面に全体の「セッション数」が確認できます。

GA4ページビュー数の確認方法

ページビュー数とはウェブサイトの画面が表示された回数を示す指標です。ただ、GA4ではページビューではなく、「表示回数」と名称が変更されました。

1.サイドメニューの「レポート」をクリック。

2.レポートの中にある、「エンゲージメント」→「ページとスクリーン」をクリック。

3.「ページとスクリーン」をクリックすると右のメイン画面に全体の「表示回数」が確認できます。

GA4参照元メディアの確認方法

参照元メディアとは、ウェブサイトへのユーザーの流入元を示す指標です。

1.サイドメニューの「レポート」をクリック。

2.レポートの中にある、「集客」→「ユーザー獲得」をクリック。

3.「ユーザー獲得」をクリックすると右のメイン画面に全体の赤枠部分の「最初のユーザーのデフォルトチャンネルグループ」をクリック。

4.その中にある、「ユーザーの最初の参照元/メディア」をクリックすると、流入元のメディアを確認することができます。

GA4滞在時間の確認方法

滞在時間ですがGA4からはエンゲージメント時間と名称が変更されています。

エンゲージメント時間とは、ユーザーがウェブサイトをアクティブに使用していた時間の合計です。

1.サイドメニューの「レポート」をクリック。

2.レポートの中にある、「エンゲージメント」→「ページとスクリーン」をクリック。

3.「ページとスクリーン」をクリックすると右のメイン画面に全体の「平均エンゲージメント時間」が確認できます。

今回、GA4にて基本かつ重要な指標である、セッション数、ページビュー数、参照元メディア、滞在時間の調べ方をお伝えしました。GA4には他にもさまざまなデータが取得できます。次回は、さらに深掘りした内容をお伝えします。

ちなみに、アナリティクスのログインページが更新されましたね。ログイン画面の場所が分からない方は、この記事で詳しく解説しています。

関連記事

運用

Google Core Web Vitals の INP の問題について調べてみた

弊社WEBLICでは数多くのお客様のサイトを運用しております。先日、Googleのサーチコンソールか...

2023年7月14日

運用

読者を引き付けるための、魅力的なブログタイトルをどのように考え出すか?

ブログのタイトルは、人を引きつけるスタート地点です。魅力的なタイトルは、人々の興味を引き、記事を読ん...

2024年2月7日

運用

最適なブログ記事の長さはどれくらいが良いか?

SEOの世界では、ブログ記事やウェブコンテンツの最適な文字数に関する一般的な誤解が広まっています。多...

2024年2月6日

運用

Route53から汎用JPドメインを移管する方法

他のレジストラからRoute53へのドメイン移管の方法は色々な方がブログなどで公開していますが、Ro...

2023年9月22日

運用

Webサイト更新はなぜ必要?その理由を4つ紹介!

Webサイトを実店舗と置き換えてみれば、定期的な更新は店舗の掃除や商品の入れ替えに等しいものです。集...

2023年11月2日

  • カテゴリー

  • RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社