WEBLIC LLC

ブログ

ChatGPT4.0でhtml&CSSはどこまで書けるのか

AI

2023年7月5日

chatgpt

2023年に入り一般の生活でもAIやchatGTPの単語をよく耳にするようになりました。そこで今回はChatGPT4.0でhtml&CSSの記述はどこまでこちらの意図を踏まえて記述してくれるのか興味があったので試してみた!

chatGPTの準備

今回使用したChatGPTは無料版ではなく、有料版のChatGPT PlusのGTP4を使用します。

次に実際にコードを書いてもらうためのプロンプトを入力します。

プロンプトの入力

まずは私から以下の内容でチャットを送りました。

コーポレートサイトのhtmlとcssファイルを作って。
ヘッダーにはロゴマークとグローバルメニューを配置。
グローバルメニューには
・TOP
・弊社について
・会社概要
・サービス
・お問い合わせ
を配置。
その下にメインビジュアルを配置。
その下にお知らせ一覧を配置。
お知らせ一覧の項目は
日付、カテゴリータグ、タイトルを入れる。タイトルは最大30文字とする。
お知らせの下にはカード型の一覧でサービスの枠を3つ配置。
最後に一般的なフッターを配置。
サイトはレスポンシブ対応でブレークポイントを670pxとします。
サイトのメインカラーは白で差し色にグレーを使ってください。

chatGPTの回答

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>コーポレートサイト</title>
    <link rel="stylesheet" href="styles.css">
</head>
<body>
    <header>
        <img src="logo.png" alt="ロゴマーク">
        <nav>
            <ul>
                <li><a href="#top">TOP</a></li>
                <li><a href="#about">弊社について</a></li>
                <li><a href="#company">会社概要</a></li>
                <li><a href="#services">サービス</a></li>
                <li><a href="#contact">お問い合わせ</a></li>
            </ul>
        </nav>
    </header>
    <main>
        <section id="main-visual">
            <!-- メインビジュアルの内容 -->
        </section>
        <section id="news">
            <!-- お知らせ一覧 -->
        </section>
        <section id="services">
            <!-- サービス一覧 -->
        </section>
    </main>
    <footer>
        <!-- フッターの内容 -->
    </footer>
</body>
</html>

* {
    box-sizing: border-box;
    margin: 0;
    padding: 0;
}

body {
    background-color: #ffffff;
    color: #333333;
    font-family: 'Arial', sans-serif;
}

header {
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    padding: 20px;
    background-color: #ffffff;
}

header img {
    height: 50px;
}

header nav ul {
    display: flex;
    list-style: none;
}

header nav ul li {
    margin-left: 20px;
}

header nav ul li a {
    color: #333333;
    text-decoration: none;
}

section {
    margin: 20px;
}

footer {
    padding: 20px;
    background-color: #eeeeee;
    text-align: center;
}

@media (max-width: 670px) {
    header {
        flex-direction: column;
    }

    header nav ul {
        flex-direction: column;
    }
}

ブラウザでの出力結果

ChatGPTでコードを書いてもらった感想

大枠のhtmlやCSSは問題なさそう。ただ、プロンプトの指示には【お知らせ】の内容を入れていたが、完全に無視されたw

html、CSSコーディングについて全くわからない初心者がいきなりChatGPTを使ってコーディングするには難しいが、ある程度実務のある中級者以上であればChatGPTを使って作業の効率化は図れるんではないでしょうか。

ただ、この簡易的なプロンプトでここまで書けるようになっていることに驚きだった。

噂によると、今後は画像からコーディングも出来るようになるみたいなので、文字でプロンプトを打つより、より正確なコーディングが期待できる。

関連記事

AI

ChatGPTのプラグイン「SEO.app」はホントにSEO対策に使えるのか試した結果…

サイト運用をしていて、気になるのがSEO対策!最近ではAIを活用して記事を書く方が増えていると思いま...

2023年8月21日

AI

MidjourneyとChatGPT DALL·E 3を比較してみた

先日、ChatGPTに画像生成AIのDALL·E 3が統合されました。そこで今回は以前紹介したMid...

2023年10月23日

AI

ChatGPTのクロールをブロックする方法

海外のSEO関連のウェブサイトを見ていたら、「上位100のウェブサイトのうち26%がGPTBotをブ...

2023年9月28日

AI

Google AI(SGE)がGoogle検索に実装!今後のSEO対策はどうなるのか?

2023年8月30日に日本でもGoogle検索システムに新機能として生成AIによる検索体験(SGE ...

2023年9月5日

AI

Midjourneyで英語のプロンプトが苦手でもイメージ通り画像を生成する方法

画像生成AIのMidjourneyが強力にアップデートしました。Midjourneyは基本英語でプロ...

2023年11月30日

  • カテゴリー

  • 本日、 1人が閲覧しました

    RELATED SITES

    関連サイト

    • SAKAMOTO Blog
    Designed by WEBLIC合同会社